真顔になってもほうれい線が残る!解消法はコレ

真顔ほうれい線

 

笑ったらほうれい線ができるのは当たり前なんですが。。。

 

先日鏡を見て驚愕!!

 

お化粧していたら。。。

そこにはくっきり!

 

真顔なのにほうれい線が残っていたんです!

 

美顔器で保湿したり

ほうれい線クリームをぬったり・・・

 

いろいろしてみたけど私のほうれい線はそんなに甘くない。。。

 

真顔になるのが怖くなりました。

 

鏡の前で真顔になるたびにほうれい線がくっきり・・・

 

こんな顔を周りに見られていると思ったら真顔でいることが怖くなりました。

 

仕事中も友人とお茶しているときも

ほうれい線がバレないように常に笑顔を心掛けて。。。

無意識のうちに笑顔でほうれい線を隠すようになっていました。

 

ほうれい線はどんどん深くなった

真顔ほうれい線1

笑顔でごまかした分、おうちではしっかりほうれい線ケアをしていました。

 

でも、笑顔になることが多くなった分、ほうれい線は余計に深くなってしまって・・・

 

美顔器やほうれい線クリームでは追い付かないぐらい、シワが進行していたんです。

 

真顔でもほうれい線が残る理由

 

そもそもなんで真顔ほうれい線がくっきり残ってしまっているのか。。。

原因を突き止めてみたら、頬のたるみ水分不足でした。

 

頬がたるんで下がってくると、ほうれい線の上にお肉が溜まります。

頬たるみほうれい線

 

そして水分不足になると

ほうれい線部分の肌細胞が変形してしまうんです。

 

絵にしてみるとこんな感じ。

皮膚組織

 

この2つの原因が重なって、真顔でもほうれい線が残ってしまうのです。

 

 

エクササイズではほうれい線は戻らない?!

真顔ほうれい線2

ほうれい線解消法として

ベロ回しやエクササイズなどがたくさん紹介されています!

 

もちろん私もやってみました!

 

たしかにほうれい線が薄くなったように感じます。

 

でも、気づいてしまったんです。

 

朝、エクササイズをしても夕方にはほうれい線にファンデーションが溜まってしまっていることに。。。

 

エクササイズは一時的にほうれい線を浅くする効果はあります。

 

でもその効果は数時間。

ほうれい線を消すために1日何回エクササイズしないといけないのーーー?!

って感じになりました。

 

もう半ばあきらめてたんですが。。。

 

友人が教えてくれた”あるもの”を取り入れたら、

真顔になっても残っていたほうれい線が解消されたんです!

 

本当にするべきほうれい線ケアはコレ

若返り復活

本当にするべきほうれい線ケアは

 

内側からアプローチするということです!

 

シワの部分の肌細胞はこんなふうに変形してつぶれてしまってるんです(泣)

 

つぶれた皮膚組織

 

この肌細胞一つ一つを復活させる!

 

これがほうれい線を根本から解消する方法です!

 

肌細胞を復活させることができる唯一の美容成分。

 

それがプラセンタです!

 

変形した肌細胞を復活させる効果があるんです!!

 

コラーゲンやヒアルロン酸を摂るよりも圧倒的に効果が早い!

 

さすが美容業界でも注目されているだけあります!

 

あ、でもプラセンタだからといって、注射をする必要はないですよ♪

 

サプリメントで十分です!

 

ほうれい線解消に優秀なサプリメント

プラセンタの泉360サプリ

真顔になっても残ってしまうほうれい線。

 

これにしっかり働いてくれるのが

プラセンタの泉360というサプリメントでした。

 

プラセンタの中でも特に美容効果が高いといわれる

馬プラセンタです!

さらにヒアルロン酸を作りだす乳酸菌まで配合されています。

プラセンタの泉360成分

 

これが肌細胞を復活させます!

 

肌細胞を復活させながら、うるおいも与えてくれるので

ほうれい線ケアにぴったりなのです!

 

 

プラセンタの泉360は最安値で試せる馬プラセンタ

プラセンタの泉360特別キャンペーン

 

ほうれい線を解消できるならいくらだって出します!

ってぐらいの気持ちだったんですが!

 

プラセンタの泉360は馬プラセンタサプリの中でも最安値で買えちゃいます!

 

そのお値段、驚くことに

1日たった61円です!!!

 

いい意味で期待を裏切ってくれました!!

 

サプリって本当に効くんかな~ってちょっと不安だったんですが

 

プラセンタの泉360は30日間返金保証もついていたので気軽に試すことができましたよ♪

 

もう真顔になるのが怖くありません!!

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ